結果エントリーレッスンの現場において、ミスショットをした人に「今何を考えましたか?」と尋ねると、次のような答えが返ってくることがあります。

「ちゃんと当てなきゃ‥と考えた」
「飛ばしてやろう‥ということが頭をよぎった」
「曲げてはいけない‥と思ってしまった」
「トップしてはいけない‥と考えた」
などなど‥

これらはすべて共通項があります。
それは、すべて「結果を考えてしまっている」ということです。

ゴルフの一打一打は、すべて「イメージ」→「決断」→「実行」の3つのステップを踏んで行います。
今回は、「実行」の段階で大切なポイントをお話しいたします。

 

物事のパフォーマンスを低下させる「結果エントリー」

結果を意識し、結果に捉われてしまうことを「結果エントリー」といいます。
スイングを実行する際、この結果エントリーは曲者です。
ゴルフに限らず、何事も「結果エントリー」は、物事のパフォーマンスを落としてしまいます。

その理由は2つあります。
ひとつは、「結果」は未来であり、心が未来に飛ぶと平常心を失い、不安定な心の状態になってしまうからです。
不安定な心の状態とは、良くない結果に対する「恐怖心」や「不安感」から、平常心が保てない状態です。
良い結果を必要以上に期待したり、良い結果を出さなければと義務感にかられたりしても、平常心は保てません。

平常心を失い、心が不安定になると、ゴルフをはじめスポーツでは肩や腕に力が入り、筋肉が硬直してしまいます。
筋肉が硬直すると、関節がスムーズに動かせなくなり、いつも出来ているスイングが出来なくなります。
仕事や試験では、心が不安定になることで思考力が低下し、実力が発揮できなくなります。

 

脱・結果エントリーの方法は?

結果エントリーが、物事のパフォーマンスを下げるもうひとつの理由は、「結果は自分だけではコントロールできない」からです。
どんなに最高のスイングをし、どんなにベストショットを放っても、突風が吹いてボールが流されてしまうこともあるでしょう。
ナイスショットを打ち、思い通りの場所にボールが落とせても、たまたま落ちたところに石ころがあり、それに当たってイレギュラーな方向に跳ねてしまうことだってあるわけです。
つまり、「結果」はマルチファクトリアル(多因子)であり、自分の力ではどうしようもない“不可抗力”で決まってしまうこともあるのです。

もちろん、ナイスショットを打ったにもかかわらず、結果が伴わなければ気分は落ち込みますが、そのことばかりに捉われていると、次のショットにも影響が出て、ミスショットを連発してしまいます。
そして、気づいてみると、本来の実力が発揮できずにラウンドが終わってしまうといった結果になるのです。

ではどうすればよいのでしょうか?
自身が持っている最高のパフォーマンスを発揮するには、結果に捉われず、今やるべきことに集中し、そのことを楽しむ、つまり「今に集中し、今を楽しむ」という思考が大切になります。

「今に集中し、今を楽しむ」ことで、潜在能力が最大限に引き出され、パフォーマンスが向上し、結果がついてくるのです。

(文:小森)