決断法ゴルフの一打一打は、すべて次の3つのステップを踏んで行います。

イメージする ▶ 決断する ▶ 実行する

「イメージ」という頭の中での作業から、「実行」という実際のショットに移行する際の大切なステップが「決断」です。

前回は、この「決断」についてお伝えしました。
今回は、「決断」をするときの4つのポイントをお話したいと思います。

 

(ポイント1)直感的にスパッと決める

いわゆるフィーリングです。
これは以外と信頼できるものです。
グリーン方向に大きな木が立ちはだかっているシーン。
木の右からフックで攻めようか、左からスライスで右に回してこようか、はたまた低いボールで木の枝の下を抜いていこうか‥。
色々な攻め方が考えられますが、このような時、最終決定は直感に委ねましょう。
どこが安全でどこが危険なのか、ホール全体の状況やグリーンの状態など、情報収集はしっかり行うことは必要です。
その上で、最終的には直感で決めることが大切です。
「何となく行けそうだ」と根拠のない理由でもOKです。
あれこれ考えず、決めるときはにスパッと決めましょう。

 

(ポイント2)楽観主義でOK

仮に誤った決断をしたとしましょう。
しかし、そのことが原因でこの世が終わることはありません。
命を取られることもありません。
成るように成るものです。
肩の力を抜いて気楽にいきましょう。
その方が、思考能力が向上し、良い決断ができるろいうものです。

 

(ポイント3)一番大切なモノは?

一番大切なモノ(コト)、イコール「本来の目的」です。
これを見失ってはいけません。
ゴルフの場合、「できるだけ少ない打数でカップに入れる」が本来の目的です。
そのことを見失い、例えば、単に飛ばすことだけを優先させた決断をすることは、本末転倒な結果を招くので要注意です。

 

(ポイント4)自分の決断を信じる

昔から「信じる者は救われる」といいますが、信じることで決断したことを成し遂げるエネルギーが沸くものです。
ゴルフでも、自分の決断が間違いではないと信じてプレーするのと、そうではないのとでは、結果に大きな差が生じます。
そもそも、自分の決断を疑っているうちは決断したとはいえないでしょう。
なぜなら、疑っているうちは「迷い」も「不安」も断っているとはいえないからです。
決断とは、決めて断つものです。
迷いや不安は一掃し、自信を持って決断をしましょう。

いかがでしょうか?
ゴルフには、決断力が求められます。
逆にゴルフによって決断力を磨くことができます。
決断を迫られるシーンをネガティブに捉えず、決断力を磨くチャンスだと考え、ポジティブに受け止めましょう。

そう、ピンチはチャンスなのです。

(文:小森)